FC2ブログ
2019
01.12

謹賀新年

Category: 散歩
明けましておめでとうございます。
どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

今年、平成最後の年
まだ新元号はわかりませんが
新たな変革の年として 今年も活動していきます。

仕事初めの朝礼で 我社のスローガン

笑顔で明るく元気よく!!

イエーイ ハイタッチで 一年の幕開けです。

46659.jpg

今年も常に考え進化する会社を目指します。

ご愛顧の程 宜しくお願いいたします。

株式会社 張本創研  チームハリモト一同

Comment:0
2018
12.29

今年もお世話になりました。

Category: 散歩
本日12月29日が仕事納めです。

今年もたくさんの方に たくさんのご縁をいただき
たくさんお世話になりました。

46081.jpg
46082.jpg

最終の配達も終了し、場内や道路の清掃で終了します。

毎年1年が早く 感じ 日々のスピードを上げないと
時間が足りないように思います。

今年も 果敢にチャレンジしてきましたが 
更に来年は アクティブに動きたいと思います。

仕事初めは 1月7日(月)

久しぶりに休みが長い。

でも お客様も7日からが多いので今回の
年末年始のお休みはみなさんゆっくりされるようです。

私は、貯めている本も読まないといけないし、もろもろ
やることも残ってるし意外と有効に活用できそうです。

今年の個人的な目標がダイエットであったが
後半にやるきスイッチが入り 炭水化物を減らし
 シックスパットまで購入。

しかし、誘惑が多い
45898.jpg
45899.jpg

なんとか目標に向かって 1歩ずつ少しづつ前へ進みます。

来年も 株式会社 張本創研は 

●社業を通じお客様と地域社会に貢献する
●社員とその家族の物心両面の幸福を追求する
●常に創意研究し進化する会社を目指す

の経営理念のもと 笑顔で明るく元気よく 頑張ります。

今年もほんとうにお世話になりました。
よいお年をお迎えください。

株式会社 張本創研
代表取締役 張本洋二 & 社員一同


Comment:0
2018
12.25

楽しい勉強

Category: 散歩
中小企業家同友会の福岡経営者フォーラムに参加
JR九州の 唐池会長の記念講話を拝聴し 感動経営という言葉を知った。

早速 著書の「感動経営」を今 読んでいる途中であるが読みやすい。
感想は後日報告します。
44549.jpg
44550.jpg
44548.jpg

同友会は、3つの目的である
1.よい会社をつくろう。
2.よい経営者になろう。
3.よい経営環境をつくろう。

のため 全国の会員が精進してます。
真面目な経営の勉強会です。
-------------------------------
東京ビッグサイト
44515.jpg
44521.jpg
44520.jpg
エコシステム 高田社長とのツーショット。
最近 高田社長とはご縁があり 石川・横浜・九州・東京でお会いしてますね。

Comment:0
2018
12.25

土木の日

Category: 散歩
先日、長崎県建設協会 諫早支部からの依頼で
土木の日に出展した。

45012.jpg
45013.jpg
45017.jpg
45018.jpg
45016.jpg
45019.jpg
45020.jpg
45022.jpg
45023.jpg
45021.jpg
45025.jpg
45026.jpg
45027.jpg
45024.jpg

出展は したが パネルの内容に興味を持ってもあえたのは少なかった。
しかし、子供達は 砕石重量当てクイズや重機のおもちゃに大好評であった。

将来の 土木男子を育てる意味では 少しはお役に立てたかな?
次回も もっと盛り上がる方向を考えたい。  依頼があればの話けどね。

Comment:0
2018
12.25

若くして学べば・・・・・

Category: 散歩
●「いまの若い人たちの中に、
 自分が望んでいる道を選ぶことが
 できなかった人がいたとしても、
 いまある目の前の仕事に脇目も振らず、
 全身全霊を懸けることによって、
 必ずや新しい世界が展開していくことを
 理解してほしいですね。

 ですから、不平不満を漏らさず、
 いま自分がやらなければならない仕事に
 一所懸命打ち込んでいただきたい。

 それが人生を輝かしいものにしていく
 唯一の方法と言っても過言ではありません」

 ──稲盛和夫



●士は過(あやま)ちなきを貴(たっと)しとせず、

過ちを改むるを貴しと為(な)す。


【訳】

立派なこころある人は
過ちがないということを重んじるのではない。

過ちを改めることを重んじるのである。



『吉田松陰一日一言』(川口雅昭・編)より



Comment:0
back-to-top