2017
11.10

エイリアンとの遭遇

Category: 未分類
先月、生まれて初めて見た生物と遭遇。
テレビや写真では、見たことあるが生きてる姿を見たのは 初めてである。

あの 映画 エイリアン の原型となった生物 ワラスボ。

25347.jpg


そして、もう一つ 生きてるものを初めて見た ムツゴロウ。

25346.jpg


ココは、魚屋さん。

25348.jpg

なんと、2階で料理してくれる。そして 出た。

エイリアンとムツゴロウの活き作り。

25349.jpg

左のエイリアンから噛みつかれそうである。
食べた感想は、どちらも同じ食感で サンマの刺身くらいの固さ。
姿を見なければ普通に旨い!

25350.jpg

ほかの料理も 初めて食べる食材ばかりである。
唯一、ワタリ蟹は 格別に旨かった。

そして、締めには エイリアンエナジーで更に元気をもらい
カラオケタイムとなった。
25352.jpg


有明海の食材を満喫した夜であった。


Comment:0
2017
11.10

人生一度きり

Category: 一日一言
● どんな時も全力投球。
 念には念を入れる。
 特に絵は何十年も残っちゃうわけだから、
 手抜きをするのは恐ろしいことだと思います。
 
 安野光雅(国際アンデルセン賞の画家)

● ──『格言聯璧』

一、ぜいたくをして幸福である
  と思うのは誤りである。

二、うまく人をだまして自分は頭がよい
  と思うのはいけない。

三、貪欲の結果、物をあつめて
  自分にそれだけの手腕があると思うのはいけない。

四、小心でちょっとした事にも恐れている者が
  慎重派だと思うのは誤りである。

五、喧嘩ばかりしていながら
  自分には勇気があるなどとうのはいけない。

六、上に立つ者が下の者を叱りつけて、
  いかにも威厳があると思うのは誤りである。

 
 解説・安岡正篤(『先哲講座』より)

●いろいろのことありぬ
 いろいろのめにあいぬ
 これからもまた
 いろいろのことあらん
 いろいろのめにあわん

 されどきょうよりは
 かなしみも/くるしみも
 きよめまろめて
 ころころと/ころがしゆかん
 さらさらと/おとしてゆかん
 いものはの/つゆのごとくに

『坂村真民詩集百選』より


● 人は城 人は石垣 人は堀
 情けは味方 仇(あだ)は敵なり

 ──武田信玄

Comment:0
2017
10.21

長崎県砕石資源リサイクル協同組合研修

Category: 散歩
先日、組合研修で宮城県仙台市 石巻市、女川町へ

1団体 3工場の視察見学と震災復興状況を見てきました。

23766.jpg
23959.jpg
23960.jpg
23972.jpg
23970.jpg
23974.jpg

高速道路の土手があったため 仙台市内への津波の影響は少なかったそうです。
今は、津波対策として高速道路より海側の県道を嵩上げする工事をしていました。

震災時の悲惨な出来事や大川小学校での悲劇  震災後の土沼話など
人の本性が浮き彫りになるお話も聞け リスク管理を考えさせられる研修でした。

我が故郷 長崎県飯盛町へ、もしあの津波が押し寄せたならと想定したら
田結川や国道・県道は すっぽりと飲み込まれると思います。
古場地区まで津波は駆け上がるでしょう。
ただ、飯盛には島があります。4っつの島に牧島もあるので
多少は和らぐかと思います。

しかし我社が避難所となって避難生活が出来るようにこれから整備しようと思います。
水や電気(発電機)は、確保できてるので宿泊できるスペースを考えます。


たいへんお世話になりました。

Comment:0
2017
10.21

謙虚にして驕らず

Category: 散歩
● これからは
「おかげさま、おかげさま」と
 心で唱えて生きていけ。
 そうすると必ずみんなが
 助けてくれる。
「おかげさま」をお守りにして
 生きていけ。

(父子家庭で育った
 18歳の娘に遺した父の言葉)


●他人の人生は
 どうすることもできないが、
 自分の人生であれば努力と
 心掛け次第で
 思い描いたとおりになる

 松永巳喜男(銀座マツナガ社長)


●ありのままの自分をさらけ出す
 勇気を持つ

 鈴木秀子(シスター)

『自分の花を精いっぱい
 咲かせる生き方』より

Comment:0
2017
10.21

死ぬまで精進

Category: 散歩
死ぬまで勉強している方は、特に読書好きです。
高齢になっても本を常に携帯し、時間があれば読む方や 指を動かしたりする
趣味園芸などはボケ防止にもなるといいます。


22889.jpg
20428.jpg
20426.jpg
20425.jpg

いろんなことに興味をいだき わからないこと 気になることは尋ねる姿勢が
大事だと思います。
たくさんの方が 私の師匠です。


Comment:0
back-to-top