FC2ブログ
2015
04.07

一日一言集

Category: 一日一言
●器を広げるために大事なことは5つあります。

 コミュニケーション能力、
 リーダーシップ、
 倫理道徳観、
 高い志、
 感謝の心です。

 ◆若者たちに送る熱き志のメッセージ
  『夢を見て夢を叶えて夢になる』(室舘勲・著)


●九つまで満ち足りていて、
 十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、
 人間はまずその不満を真っ先に口から出し、
 文句をいいつづけるものなのだ。

 自分を顧みてつくづくそう思う。
 なぜわたしたちは不満を後まわしにし、
 感謝すべきことを先に言わないのだろう。

          ──作家・三浦綾子


●どんないい果物でも

 熟さなければ

 食べられない

 それと同じく

 どんな偉い人でも

 利他の心がなければ

 本ものとは言えない

 ◆人生で口ずさみたくなる言葉が見つかる
  『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)



●どんな人と一緒になっても、
 どんなことに出くわしても
 つぶされない人格をつくり、
 幸せに楽しくいられるような人になりたい

         ──ハガキ道伝道者・坂田道信


●人間の目は ふしぎな目
 見ようという 心がなかったら 見ていても 見えない

 人間の耳は ふしぎな耳
 聞こうという心が なかったら
 聞いていても 聞こえない

 頭も そうだ
 はじめからよい頭 わるい頭の区別が あるのではないようだ
「よし、やるぞ!」と
 心のスイッチがはいると
 頭も
 すばらしい はたらきを しはじめる

 心のスイッチが 人間を
 つまらなくもし すばらしくもしていく
 電灯のスイッチが
 家の中を明るくもし 暗くもするように

 『自分を育てるのは自分』(東井義雄・著)



●努力もせずに愚痴を言い、文句を言う。
 そして、やる前から「できません」と諦めてしまう。

 これが一番いけません。

「なせばなる」という前向きの考え方を持つことです。
 そして、なさねばならない」という強い意志を
 持つことが大切なのです。

 ◆15万人の人生観を変えた究極の仕事論
  『何のために働くのか』(北尾吉孝・著)



●災難や困難に遭ったら、
 嘆かず、腐らず、恨まず、愚痴をこぼさず、
 ひたすら前向きに明るく努力を続けていく。

 これから将来、よいことが起きるために
 この苦難があるのだと耐え、与えられた苦難に感謝する。

 よいことが起きれば、驕らず、偉ぶらず、謙虚さを失わず、
 自分がこんなよい機会に恵まれていいのだろうか、
 自分にはもったいないことだと感謝する。

 これが素晴らしい人生を生きるための絶対条件です。


 ◆稲盛和夫氏の成功哲学、ここにあり
  『成功の要諦』(稲盛和夫・著)


スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top