FC2ブログ
2015
01.19

一日一言集

Category: 一日一言
●世の中にはすべてが順調にいく人がいる半面、
 少しも報われない人もいます。

 そういう人は自分のしていることの意義を
 なかなか見つけにくいものですが、
 どんなことであれ、誠実に努力していれば、
 それは目に見えない貯金となって
 天に蓄積されているのです。

 その貯金は自分に戻ってこないかもしれません。

 でも、自分の子どもや孫、
 あるいは社会の誰かの役に立ちます。

 だから、真摯で誠実な努力を
 決して欠かしてはならないのです。

 自分のすることを一代限りで考えてはいけないのです。

      『スイッチ・オンの生き方』(村上和雄・著)

●木が美しいのは

 自分の力で立っているからだ

     『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)

●世には、十年一筋の一道を歩む人は少ない。

 ましてや二十年、三十年、
 一筋の道を歩き通す人は稀である。

 恐らく百人中、二、三人しかあるまい。

 いわんや、五十年一道を歩むに至っては、
 千人中二、三人が危うかろう。

 しかしそれには、さし当たり十年一道を歩む。
 さすれば一応の土台はできる。

 九十九人が川の向こう岸で騒いでいても、
 自分一人は志した道を歩くだけの覚悟がなくてはならぬ。

       『森信三訓言集』(森信三・著)


●世の中にはすべてが順調にいく人がいる半面、
 少しも報われない人もいます。

 そういう人は自分のしていることの意義を
 なかなか見つけにくいものですが、
 どんなことであれ、誠実に努力していれば、
 それは目に見えない貯金となって
 天に蓄積されているのです。

 その貯金は自分に戻ってこないかもしれません。
 でも、自分の子どもや孫、
 あるいは社会の誰かの役に立ちます。

 だから、真摯で誠実な努力を決して欠かしてはならないのです。
 自分のすることを一代限りで考えてはいけないのです。

        『スイッチ・オンの生き方』(村上和雄・著)


●「誠は扇の要」という言葉があります。

 うまいことをいいますね。

 扇というのは要がついているから扇になっている。
 要を外したらバラバラになってしまうでしょう。

 人間にとって、扇の要にあたるのが誠というものなんです。

 扇が要を外したらバラバラになるように、
 人間から誠というものを取ってしまったら、
 いくら徹しても意味がない。

 だから最後は、人間にとって
 一番大事なのは誠だというんです。

     『小さな経営論』(藤尾秀昭・著)

●よいことに合っても悪いことに遭っても、
 何事にも感謝するということを理性にインプットし、
 発揮するようにする。

 そうすることが絶対に必要です。

      『成功の要諦』(稲盛和夫・著)

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top