FC2ブログ
2015
01.06

一日

Category: 一日一言

●心が小さくなった時は
 天を仰いで
 大きく息をしよう
 大宇宙の無限の力を
 吸引摂取しよう

            (坂村真民・著) 


●糸がゆるむ。
 琴も三味線もバイオリンも快適な音は出ない。

 人間も心がゆるむ。
 そこに調子の悪さが生まれる。

 面白いほど調子がよくなりたいと願うなら、
 心をいらだたせないこと。

 いつも明るく豊かに心に張りを持つことである。

                  ──常岡一郎


●人間はできるだけ早くから、
 良き師、良き友を持ち、
 良き書を読み、ひそかに自ら省み、
 自ら修めることである。

 人生とは心がけと努力次第である。

           ──安岡正篤


●東洋思想では、年を取るほど
 立派になっていくことが理想とされます。

 老朽、老醜という言葉が示すように、
 老いというのは一般に否定的に見られがちです。

 しかし、こうした言葉とは反対に、
 老熟、老練といった
 非常に魅力的な言葉もあります。

 年を重ねるたびに人間が成熟し、練れていく。

 そういう生き方を目指していきたいと思うのです。


 『人生を導く先哲の言葉』(伊與田覺・著)


●一歩一歩、一足一足をふみしめる。

 それは一つの仕切りである。
 次の前進への構えである。

 一足、一歩、
 これこそ万歩の源である。

 今の一時、今日一日、この一年、
 これは生涯の基本である。

 念を入れて大切にしよう。

 今を大切にする心をつみ重ねて、
 一生を尊いものにする。


 『常岡一郎一日一言』(常岡一郎・著)

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top