FC2ブログ
2016
10.28

前向きになる言葉

Category: 一日一言
●「困難に直面し、
 身を切られるような思いに
 悩みつつ、勇気を鼓舞してやってきた。

 崩れそうになる自分を
 自分で叱りつつ、
 必死で頑張るうちに、
 知恵才覚というものが必ず、
 浮かんできた」
          (松下幸之助)

●99パーセント駄目だといわれていても、
1パーセントでも可能性があれば
挑戦し続けるべきです。

1パーセントとは
生きているという可能性です。

「どうしたらいいのかわからない」
といって何もしないのと、
一歩前に出てわからないことが
出るのでは同じわからないでも
意味が違います。


『人生生涯小僧のこころ』(塩沼亮潤・著)

●知識は大事ですな。
しかし、知識だけでは役に立たん。

その知識に熱意を掛け算する。
そして経験をプラスする、
そこに知恵が生まれる。

『生き方のセオリー』(藤尾秀昭・著)


●十里の旅の第一歩
百里の旅の第一歩
同じ一歩でも覚悟がちがう

三笠山にのぼる第一歩
富士山にのぼる第一歩
同じ一歩でも覚悟がちがう

どこまで行くつもりか
どこまで登るつもりか

目標が
その日その日を支配する


  ──後藤静香

●われわれは「気」を養うということが、
一番根本の大事だ。

いわば生のエネルギーを養う
ということ、いい換えれば
「元気」ということが一番である。

元気がないというのは
問題にならぬ。

しょぼしょぼして、
よたよたして、
一向に反応がないなんていうのは、
論ずる価値がない。

とかく人間は、有形無形を論ぜず、
元気というものがなければならない。

元気というものは、
つまり生気である。

生のエネルギー、
生々(いきいき)しておる
ということである。


『安岡正篤一日一言』(安岡正泰・監修 )

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top