FC2ブログ
2016
09.26

今日も一日元気に行こう

Category: 一日一言
●人間は一人で大きくなったのではない。
 会社もまた一人で大きくなったのではない。

 あわただしい日々の中にも、
 ときに過去を振り返って、
 世と人の多くの恵みに感謝する心を
 お互いに持ちたい。

 その心こそが明日の歩みの
 真の力になるだろう。

      ──松下幸之助


●われわれは、大宇宙の中で
 しばし命をとどめる旅人として、
 心静かに、それぞれに与えられた役を
 精いっぱいの力で果たそうではないか。

 自らを拝み、人を拝みながら、
 心の喜びを喜びとして、手を握りあって、
 明るい心でこの人生を生きぬこう。

 苦しいときにこそ、奮い立つ希望をもって、
 この人生を生きぬこうではないか。


    ──平澤興(京都大学元総長)


●晩年の幸せはね、
 人間学にあると私は思います。

 学校の勉強は
 壮年時代には役に立ちますが、
 もう少し年をとってからの
 幸せや安定は、
 人間学に興味を持ち続けたか
 によるでしょう。


    ──渡部昇一(上智大学名誉教授)


● 何か悪いことが起こった時は
「身から出たサビ」、
 つまり自分のせいだと考え、

 反対にいいことが起こった時は
「おかげさま」と思う。

 この二つが私自身のモットー。

    山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長)


●<一人物の死後に残り、思い出となるのは
地位でも財産でもない。

こんな人だった。
こういう嬉しい所のあった人だという
その人自身、言い換えれば
その人の心・精神・言動である。

このことが、人間とは何かという
問の真実の答になる。



  『安岡正篤一日一言』(安岡正泰・監修)より
/span>
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top