FC2ブログ
2015
12.12

一歩前へ

Category: 一日一言
●生きているからには
 しょぼしょぼとした
 目なんかせず
 生き生きした
 魚の目のように
 いつも光っていようではないか

 生きているからには
 くよくよした
 泣きごとなんか言わず
 春の鳥のように
 空に向かって
 明るい歌をうたおうではないか

 生きているからには
 できるだけ世のため人のため
 体を使い
 あの世へ行った時
 後悔しないように
 発憤努力しようではないか


 ◆人生で口ずさみたくなる言葉が見つかる
 『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)

●「心構えは、どんなに磨いても、
 毎朝、ゼロになる能力である。
 ちょうど毎朝起きたら歯を磨くように、
 心構えも毎日磨き直さなければならない」

      ── 田中真澄(社会教育家)

●「成功者とは、常識で考えれば
 99%無理だと思われることを
『絶対にできる!』と思っている人」

      ── 西田文郎(サンリ会長)

●「自分の仕事に惚れる。
  天職だと考える」

   ──福地茂雄(アサヒビール社長)

●「運命は、
 その人の性格の中にある」(芥川龍之介)

 また、文芸評論家の小林秀雄は
 こう言っています。

「人は性格に合ったような
 事件にしか出くわさない」

 善きことを思い、善きことをすれば、
 よい結果が生まれると言いましたけれども、
 そういう思いをずっと抱いて行動していると、
 それはまさにその人の性格を
 形づくっていくのです。


 ◆稲盛和夫氏の成功哲学、ここにあり
 『成功の要諦』(稲盛和夫・著)

●「最後の最後まで心を高める努力を
 続けていくことが大切。
 そしてその努力が人間の運命を伸ばしていく
 最善の方法」

      ── 稲盛和夫(京セラ名誉会長)

●「誠実とは、この人が喜んで
 笑顔になってくれたら嬉しいと感じる心。
 それが根にあれば本物のおもてなし」

 ── 阿部 佳
(グランド ハイアット東京コンシェルジュ)
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top