FC2ブログ
2015
11.14

未来への挑戦

Category: 一日一言
●「ひたむきにやっていれば、
  必ず明日は味方になる。
  誰にでも来るはずの明日を敵にするか
  味方にするかで、生き方が変わってしまう」

         ── 山本一力(作家)

●「悩めるS子に」

 だまされてよくなり
        悪くなってしまっては駄目

 いじめられてよくなり
        いじけてしまっては駄目

 ふまれておきあがり
        倒れてしまっては駄目

 いつも心は燃えていよう
        消えてしまっては駄目

 いつも瞳は澄んでいよう
        濁ってしまっては駄目


     『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)


● ほんとうは

 平穏無事の日をこそ

 もっともっと本気になって

 大切にしなければならない


     『東井義雄の言葉』(西村徹・著)


●「至誠にして動かざるものは、
  いまだこれ有らざるなり」

         ── 吉田松陰(幕末の志士)

●人としての生き方が正しくすぐれているか
 そうでないか、また、
 勉強などがうまくいくかいかないかは、
 心に目指すところがきちんと
 定まっているかいないか、
 つまり志があるか否かによる。

 だから、武士たる者は
 志を立てない訳にはいかない。
 つまり、志があればやる気もまた
 それに従うのである。

 志とやる気があれば、目標が遠すぎて
 至らないということはなく、
 また、難しくてできないということはない。


     『吉田松陰名語録』(川口雅昭・著)


● 「できない理由をいくら挙げてもしょうがない。
  逆にどうしたら前へ進めるかを考え、
  一つひとつ手を打っていく。
  そういうふうに思考回路を転換することで、
  道はひらけていく」

         ── 萩田伍
           (アサヒビール社長)


●わが身に振りかかってくる
 一切の出来事は、
 自分にとっては絶対必然であると共に、
 また実に絶対最善である。


     『修身教授録一日一言』(森信三・著)


● 「目の前にある仕事から逃げることなく、
  とにかく全部完結する。
  そうすると、次の仕事が迎えに来る、
  仕事がその人を運んでくれる」

         ── 中村信仁
           (アイスブレイク社長)
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top