FC2ブログ
2019
04.05

人生一度きり

Category: 一日一言
●北尾吉孝
(SBIホールディングス社長)

「わが身に振りかかってくる
一切の出来事は、自分にとっては
絶対必然であると共に、
また実に絶対最善である」


●松井秀文
(アフラック元会長)

「いやしくも人間と生まれて、
多少とも生き甲斐のあるような
人生を送るには、
自分が天から受けた力の
一切を出し尽くして、
たとえささやかなりとも、
国家社会のために貢献する
ところがなくてはならぬ」

●小宮一慶
(小宮コンサルタンツ社長)

「人生は、ただ1回の
マラソン競走みたいなものです。
勝敗の決は一生にただ1回
人生の終わりにあるだけです。
しかしマラソン競走と考えている間は、
まだ心にゆるみが出ます。
人生が、50メートルの短距離競走
だと分かってくると、
人間も凄味が加わってくるんです」



スポンサーサイト



Comment:0
2019
04.05

常に精進

Category: 一日一言
●「喝」

教えを学んでも、頭で思慮分別するあまり、
本質を見失ってしまうことがある。

考えることは大切ではあるが、
考えてばかりいては何もならない。
実践が大事である。

それには自ら決断を下すことが必要である。

決断を下すには、初心に違うことはないか、
道理に背くことはないか、動機は善であるか、
よく考えて喝一喝して決断することだ。


  横田南嶺老師

●士は過(あやま)ちなきを貴(たっと)しとせず、

過ちを改むるを貴しと為(な)す。


【訳】

立派なこころある人は
過ちがないということを重んじるのではない。

過ちを改めることを重んじるのである。



吉田松陰


●「一銭にもならないことを
 どれだけできるか、するか」
が自分で自分を好きになるポイント。

馬鹿なこと、一銭にもならないこと、
誰からも評価されないことを
一生懸命やってみてください。

そういう馬鹿なことをしている自分が、
いつのまにかとてもかわいらしく
いとおしく、思えてきます。

「自分で自分を好き」になってきます。

「馬鹿な奴だ」と思いながら、
でも自分の心に温かいもおのを
感じるはず。


小林正観


●「足下を掘れ、そこに泉あり」
という言葉がありますが、
皆、自分の足元を掘っていったら
必ず泉が湧いてくることを
忘れているんです。

あっちに行ったら水が出ないか、
こっちに行ったら水が出ないか、
向こうに行ったら井戸がないか
と思っているけれど、
実は自分の足元なんです。

与えられた仕事をコツコツと
地道にやり続けた先に、
自分にしか到達できない泉がある。


  ──宮本輝(作家)


Comment:0
2019
04.01

更なる情報収集

Category: 散歩
展示会にいってきました。

50401.jpg
50402.jpg
50403.jpg
50404.jpg


写真はありませんが 3月開催の環境展にも行きましたが
中国の廃プラの関係や太陽光リサイクル、バイオマスなどなど
おもしろい動きがあってるようです。

我社も 更に進化していかなければ 時代に取り残されてしまいます。

Comment:0
2019
04.01

大好きな春の訪れ

Category: 散歩
大好きな季節となりました。
先に咲いたのが河津桜、その後に陽光桜が開花。

弊社の陽光桜(社員からいただいた桜)も立派に咲き、
社員の目を潤しています。

50439.jpg

50440.jpg
50398.jpg
50397.jpg
弊社の陽光桜  色がきれいですね。

50437.jpg

春と言えば、大好きなツワブキ。

50391.jpg


やはり 花よりだんご?

Comment:0
2019
04.01

新元号

Category: 散歩
しばらくブログ更新を控えてましたが
新元号「令和」も発表され、新年度もスタートしたので更新いたします。

親父の四十九日法要も済み、再始動いたしました。

そんな中、かねてより準備をしていた組合発足式。

長崎県建設発生土リサイクル事業協同組合 の設立総会を
盛大に開催いたしました。
発起人代表である私が初代理事長に就任。

時代の流れを掴み 新しいビジネス展開に向けて設立しましたが
詳しくは 弊社HPでご覧ください。


50392.jpg
50393.jpg

設立の趣旨に賛同される方は 入会してください。

すでに数社から問い合わせがあっております。


続いて  地元でのお祝い
50394.jpg
50395.jpg

長年 地域に貢献された 大門さんの功績に感謝いたします。
おめでとうございます。

Comment:0
back-to-top