--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
06.16

欲望と情熱

Category: 一日一言
●「俗望を捨てて、雅望に生きなさい」
          (安岡正篤)


俗望というのは読んで字の如く、
物欲、権力欲、名誉欲など、
我欲にもとづく俗っぽい欲望です。

これに対して雅望というのは、
理想とか理念といった、
我欲の枠を超えた高い志を指します。

安岡先生は、小我にとらわれ
小さな欲望に己を見失うのではなく、
崇高な志にもとづいて行動すべきだ、
ということを教えてくださったのでした。

 ──牛尾治朗(ウシオ電機会長)

●父はいつも口だけではなく行動で
示してくれる存在で、
そういう父の背中を
幼少の時から見ているからこそ、
私自身、父を見習って、
人としても
アスリートとしても一人前に
成長していけるようになりたい

 ──三宅宏美(女子重量挙げ日本代表)


●そもそも人間というものは、
情熱を失わない間だけが、
真に生きていると言ってよいのです。

内面的情熱の枯渇した時は、
すなわち生命の萎縮した時と
言ってよいのです。

 ──森信三(哲学者)


スポンサーサイト
Comment:0
2018
06.16

長崎県リサイクル認定制度

Category: 散歩
長崎県リサイクル認定制度が平成20年に始まりましたが
それから 10年のうちに我社は、6製品の認定製品があります。

再生資源を活用することで環境にも優しく 
循環型社会形成の推進になっております。

我社は、新製品開発に力をいれていますが
製品ができても 使っていただかないと循環がなりたちません。

環境部と土木部の密なる連携が不可欠です。
もったいない地球資源を活用するため 今後も頑張ります。

下の写真は リサイクル認定製品更新立ち入りの状況

35269.jpg

製造マニュアルに基づいて生産しています。
また、リサイクル製品は重金属の溶出試験も毎月実施しており
基準を全て満足しております。

35268.jpg

全国労働災害防止月間により 安全意識を向上させるため
カエルのバッチを社員全員着けました。
無事に家族のもとへ帰る(カエル)
という意味です。

ご安全に!!

Comment:0
2018
06.16

受賞式

Category: 散歩
先日、福岡で開催された
日本砕石協会 九州地方本部総会にて
九州経済産業局長表彰を 我社がいただきました。

35274.jpg
35356.jpg

受賞の際 お礼の言葉を述べさせていただきましたが、関係当局のご指導のお陰と
お取引いただいてるお客様、そして愛する社員の頑張りのお陰です。

これからも更なる環境対策、地域に無くてはならない企業を目指します。

ありがとうございました。

Comment:0
2018
06.16

「時間をかけて」

Category: 一日一言
●「時間をかけて」(坂村真民)

 あせるな
 いそぐな
 ぐらぐらするな
 馬鹿にされよと
 笑われようと
 自分の道をまっすぐゆこう
 時間をかけて磨いてゆこう


これは坂村真民が66歳の時に
書いた詩です。
坂村真民の生き方を
よく表している詩であると言えます。

坂村真民は、小さい時から病弱で、
中学生頃までは、学年で一番
小さい少年でした。

徴兵検査も「筋骨薄弱第二乙」という
判定を受け、お国のために
役に立たない人間として
レッテルを貼られました。

四十歳代には生死を彷徨うような大病を患い、
普通の人からは一歩も二歩も遅れて
人生を歩んできたのです。

そういう中で真民は、普通の人と
同じように生きるのではなく、
人の起きる前に起き、人より何倍も努力し、
自分の花を咲かせるために
必死で生きてきました。

真民詩の中でも、
「自分は晩生(おくて)の人間だから、
 人より少しでも長生きして、
 独自の花を咲かせるのだ。
 天才でない者は努力するほかに道はない。
 天才でない者は一日でも一時間でも
 長く生きて自分を成長させ
 自分の花を咲かせねばならぬ」
と書いています。

真民は、詩を書くことも、
仏教の教えを学ぶことも、
すべて「いかに人間として自分を
深く掘り下げてゆくか」ということを
いつも考え、生きてきた人間です。

この「時間をかけて磨いてゆこう」
という言葉も、真民流の生き方の真髄です。


Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。