2017
04.15

関西農業ワールド展

Category: 散歩
先日、関西へ

16927.jpg
16929.jpg
16928.jpg

農業分野は、弊社の事業には関連がないと思っていたが
展示会となると農業関連がおもしろい。

2年前には幕張メッセで開催された農業展に行ったが
今回の規模は、それの3分の1であった。
来年は、幕張へ行こうと思う。

今回 勉強好きな先輩たち4名での関西

16930.jpg
16931.jpg
16932.jpg

初日のランチは、関西ラーメンダービーで優勝したラーメン店へ。
男4人で並んでまで食べたが、この塩ラーメン

さすがに 旨い!! 
カウンターに10名程しか座れない
小さなラーメン店。

お客が並ぶようなお店作り。
これもまた お勉強になりました。

16933.jpg

スポンサーサイト
Comment:0
2017
04.15

艱難汝を玉にす

Category: 散歩
●「苦がその人を 鍛えあげる
 磨き上げる 本ものにする」

 ──坂村 真民

●「逆境はつねにいつでも
 自分の敵ではない。

 ときには恩師となって人生に
 尊いものを教えてくれることがある。

 心の親となって自分の
 本質を守り育ててくれる。

 不幸、病気、逆境は大成する
 人格を育てる落ち葉である」

 ──常岡 一郎


Comment:0
2017
04.15

宮崎研修

Category: 散歩
先日、宮崎で九州瓦リサイクル組合の定例会が開催されたので
前日より宮崎の企業訪問に伺った。

とその前に、宮崎は、チキン南蛮発祥の地であるためランチ。

16729.jpg

人気の おぐら 瀬頭店へ。あいかわらず満員。

宮崎県内の企業 4社にお世話になり 例会参加。

16725.jpg
16726.jpg
16724.jpg

皆さん、飲みにケーションが好きなので どんどん親しくなる。
楽しい夜でした。

あっ、忘れてはいけない 宮崎といえば 私の好物 もも焼きである。

16732.jpg

16731.jpg

16730.jpg
16727.jpg


今回の企業訪問と定例会は大きな収穫がありました。

Comment:0
2017
04.15

一日一言

Category: 一日一言
●すべて人間というものは、
目下のものの欠点や足りなさ
というものについては、
これを咎めるに先立って、
果たしてよく教えてあるか
どうか否かを
顧みてみなくてはならぬのです。

したがって目下の者の罪を
咎め得るのは、教え教えて、
なおかつ相手がどうしても
それを守らなかった場合のことです。


 ──森 信三(国民教育の師父)


●疲れたり、傷ついたりしたら、

「丁寧に生きれば、
 きっとどこかにつながる。

 心を込めた仕事をすれば
 きっと結果がでる」

と呪文のように
心でつぶやくんです。

 ──佐々木志穂美
  (脳障害と自閉症の3人の子の母)


●「リーダーは
 願望ではなく決意しろ」


「こうする」と腹を決めて
決意した時、世の中のものの見方、
情報のキャッチの仕方、
すべてが違ってくる。

 ──和地孝(テルモ会長)

Comment:0
2017
04.15

勉強会いろいろ

Category: 未分類
相変わらず セミナー 研修会などいろんな分野に
出来るだけ参加するようにしているが、ただ暇つぶしに行っているわけではない。

何かヒントを探そう、時代の流れを探ろう、などワクワクしながら聞いてるが
中には、何もビビッと感じられない場合もある。

16383.jpg

16411.jpg
14462.jpg

収穫があるか無いかは、参加してみないとわからないが
常に学ぼうとしている姿勢が大事だと思う。

そのときは ビビッと感じなくても、あとから響くものもある。

FIT・IOT・サスティナブル・・・・
新しいものにどこまでついて行けるか
時代の流れが早いので情報収集はかかせないだろう。




Comment:0
2017
04.11

新年度 新たな気持ちで

Category: 一日一言
●努力することの本当の意味は
人に勝つということではなく、
天から与えられた能力を
どこまで発揮させるかにある。

  ──京都大学元総長・平澤興


●欲でなしたことは
必ず挫折する。

志を立ててなしたことは
継続と終わりのない繁栄をみる。

──多くの経営者が信奉する阿蘇の覚者
  北川八郎


●一、人の非を正さず、
  自分の非を見るべき事

 同(おなじく)云わく、
 その身正しければ
 令せずして行わる。


【訳】

他者の間違いを正さず、
自分の間違いを見るべきこと

古人がいっている。

「自分の心が正しければ、
 命令をしなくとも
(物事は)きちんと行われる」と。


──吉田松陰が師と仰いだ幕末の志士
  山鹿素行


●平素からこれでいいのか、
問題点はないか、
課題は何なのか、と考え続ける。

だからこそ、いざ事が起こった時に
適切な対応ができるのだと思います。

常に考え続けているから、
いざという時に直感でもって
「俺はこう行く」
と決断できるんです。

そういう決断のできるリーダーが、
組織に繁栄をもたらすのだと
思いますね。

 ──J.フロントリテイリング社長
  (大丸松坂屋経営)
   山本良一

Comment:0
back-to-top