2015
11.23

前向きに生きよう

Category: 一日一言
●いずれあなたは
 自分にふさわしい状態になります。

 他人の言葉にいじけてはなりません。

 自信をもって生きなさい。
 自信こそすべての成功の根源です。

    ──母の教えが原点となる
      リンカーンの母・ナンシー

● 「前に進もうとするから躓いて転ぶわけです。
  そういう姿勢を貫いていればこそ
  切羽詰まったときに奇跡としか
  思われない力が引き出される」

       ── 宮本祖豊
         (比叡山十二年籠山行満行者)

● 「脊髄の奥でふつふつと
  願望を燃やしていると、
  天の一角から可能性が降ってくる」

       ──渡部昇一
        (上智大学名誉教授)

●冬は最高の温かさを求めず、
 夏は最高の涼しさを求めない。

 一時的に心地がよいことは、
 禍となって後で返ってくるものだ。


 『養生訓』(貝原益軒・著、城島明彦・現代語訳)

● 「どんな小さなことでもいいのです。
 『ときめき』という希望の種を播いていれば、
  心は自然と明るく前向きになります」

 ──帯津良一
        (帯津三敬病院名誉院長)

●「壁にぶつかって『できるわけない』と思っても、
 いざやってみたら結構やり遂げられたりする。
 大切なのはまず自分の中の
 感情に打ち克つことです」

       ──山崎直子(宇宙飛行士)


スポンサーサイト
Comment:0
2015
11.17

ソフトボール

Category: 散歩
飯盛の田結地区で結成されてる
結の浜マリンズ 
今年 最後の試合である。
場所は、結の浜グランド。 ホームグランドでの開催に闘志が燃え上がる。

私は、今年大会出場は初めて。

久しぶりのソフトボール。 楽しい予感!!

昨年は、大会5連覇を成し遂げたが、今年に入っての成績は
1優勝のみ。
メンバーが揃わない。

20151108_103404.jpg
20151108_103433.jpg
20151108_103440.jpg
20151108_103455.jpg
20151108_103511.jpg
20151108_114713.jpg

1回戦  小島チームと対戦  大敗
2回戦  佐田チームと対戦  大敗
2敗して決勝リーグへ進めなかった。

いったい 何をやってるんだ!!

と  誰もせめる人もいない。 打ち上げはどこでやろか?と 懇親会の準備に入る。

私は懇親会には参加できなかったが、めがねを掛けてプレーしたのははじめてであったし
足が頭の思考に付いていけない。しゃがむのに腹が邪魔。なさけない。

20代よりずーっとソフトボールバカ だった 私が とうとうこんな体に
なってしまった。 

でも、何よりも幸いは みんな ケガがなかったこと。

毛がない人は、いたけどね。 

Comment:0
2015
11.14

飯盛西小学校 

Category: 散歩
飯盛西小学校の3年生・4年生は毎年
飯盛文化祭に田結浮立の掛け踊りを披露いたします。

今年も10月28日より毎晩 稽古をはじめました。

20151030_194037.jpg

そして、11月8日の文化祭 当日

西小学校 体育館で 最終の調整
上手に踊れるようになりました。

20151108_085549.jpg
20151108_085742.jpg
20151108_085804.jpg

本番には、私も見に行けませんでしたが
素晴らしい踊りに アンコールが2回もあったそうです。

子供たち お疲れさん。 子供は かわいいですね。

Comment:0
2015
11.14

未来への挑戦

Category: 一日一言
●「ひたむきにやっていれば、
  必ず明日は味方になる。
  誰にでも来るはずの明日を敵にするか
  味方にするかで、生き方が変わってしまう」

         ── 山本一力(作家)

●「悩めるS子に」

 だまされてよくなり
        悪くなってしまっては駄目

 いじめられてよくなり
        いじけてしまっては駄目

 ふまれておきあがり
        倒れてしまっては駄目

 いつも心は燃えていよう
        消えてしまっては駄目

 いつも瞳は澄んでいよう
        濁ってしまっては駄目


     『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)


● ほんとうは

 平穏無事の日をこそ

 もっともっと本気になって

 大切にしなければならない


     『東井義雄の言葉』(西村徹・著)


●「至誠にして動かざるものは、
  いまだこれ有らざるなり」

         ── 吉田松陰(幕末の志士)

●人としての生き方が正しくすぐれているか
 そうでないか、また、
 勉強などがうまくいくかいかないかは、
 心に目指すところがきちんと
 定まっているかいないか、
 つまり志があるか否かによる。

 だから、武士たる者は
 志を立てない訳にはいかない。
 つまり、志があればやる気もまた
 それに従うのである。

 志とやる気があれば、目標が遠すぎて
 至らないということはなく、
 また、難しくてできないということはない。


     『吉田松陰名語録』(川口雅昭・著)


● 「できない理由をいくら挙げてもしょうがない。
  逆にどうしたら前へ進めるかを考え、
  一つひとつ手を打っていく。
  そういうふうに思考回路を転換することで、
  道はひらけていく」

         ── 萩田伍
           (アサヒビール社長)


●わが身に振りかかってくる
 一切の出来事は、
 自分にとっては絶対必然であると共に、
 また実に絶対最善である。


     『修身教授録一日一言』(森信三・著)


● 「目の前にある仕事から逃げることなく、
  とにかく全部完結する。
  そうすると、次の仕事が迎えに来る、
  仕事がその人を運んでくれる」

         ── 中村信仁
           (アイスブレイク社長)

Comment:0
2015
11.13

長崎県建設技術フェアー2015

Category: 散歩
10月29日30日 長崎のカブトアリーナで
長崎県建設技術フェアー2015が開催。

株式会社 張本創研も 昨年同様 出展させていただきました。

20151029_130119.jpg
20151029_131231.jpg
20151029_124928.jpg
20151029_124935.jpg
20151029_124940.jpg
20151029_124956.jpg
20151030_134256.jpg
20151030_134317.jpg
毎年 出展してますが 今年は 更に進化しました。

出展は、草コナーズ(防草材) と 廃瓦を活用したKグランドシステム
それから、弊社の リサイクル製品 及び グラベルフィックス。

更に  10分間の プレゼンを 弊社 井上企画営業部長が行い
充実した2日間となりました。
来場者も 昨年より多く 行政の方との商談ができたので
満足です。

来年は  更にパワーアップしていきたいと思ってます。
出展することで いろんなことがわかってきますよ。

ご来場 ありがとうございました。

Comment:0
2015
11.13

第17回いいもりよかとこまつり

Category: 散歩
平成27年10月25日(日)第17回いいもりよかとこまつりを開催。
24日(土)朝からステージ作成など準備が始まる。

25日 本番  昨年よりも たくさんのご来場をたまわりました。
楽しみに来てくれる子供たちの笑顔に癒されます。

この祭りは、飯盛を愛する有志が集い、企画立案されてます。
熱いハートの飯盛人が集結。

1442846081618.jpg
20151024_110849.jpg
20151025_100135.jpg
20151025_104000.jpg
20151025_105409.jpg
今年の実行委員長は、飯盛西小学校の原口PTA会長が就任。
実行委員長の開会宣言で始まった。

20151025_123736.jpg
20151025_140504.jpg
20151025_142944.jpg
20151025_143816.jpg
20151025_143833.jpg
20151025_144837.jpg
20151025_152759.jpg
20151025_152804.jpg
20151025_212301.jpg

いいもりよかとこまつり おなじみの司会者お二人も
頑張っていただきました。
1日中 トークができるお二人に頭があがりません。

終了後の 有志の打ち上げでも まだまだ パワーみなぎってました。

よかちゃん とこちゃん  ありがとう。

また  来年も みんなで楽しみましょう!!

Comment:0
2015
11.03

毎日を楽しく 一生は一度きり

Category: 一日一言
●「目の前にある仕事から逃げることなく、とにかく全部完結する。
  そうすると、次の仕事が迎えに来る、仕事がその人を運んでくれる」

         ── 中村信仁(アイスブレイク社長)

● 「使命、役割を自覚し、そこに思いをこめて精一杯努力してこそ、
  掛け替えのない財産を後世に残せるのです」

         ── 濱田珠鳳(画家)

● 「悩まない人は成長しない。
  物事をイージーに考える人はリーダーの
  役割を果たせない。
  最終的にはやっぱり徳がなければならない」

         ── 新浪剛史
           (サントリーホールディングス社長)

●人間にとって、一番恐ろしい敵は
 不遇ではなくて、自分の心です。

 自分で自分をこんな人間だと思っていると、
 それだけの人間にしかなれません。

     ── ヘレン・ケラー

●「挫折は変化し飛躍するのに、
  これ以上ないチャンス。
  神に与えられたと言っていいほど貴重なものです」

  ──米長邦雄
   (永世棋聖・日本将棋連盟前会長)

● 「花が咲いている 精いっぱい 咲いている
  わたしたちも 精いっぱい 生きよう」

         ── 松原泰道(禅僧)

Comment:0
2015
11.03

会社訪問

Category: 散歩
10月24日(土)
長崎県中小企業家同友会の大村支部の
藤本 昇 石工 さんの事業報告会が 弊社 ㈱張本創研で開催。
藤本石工 さんは、TOKIOのダッシュ島の石橋作りで
ロケに11ヶ月間 通い 石橋を完成させた石工である。

20151024_133517.jpg
20151024_140833.jpg
20151024_142135.jpg
20151024_142307.jpg
20151024_142339.jpg
20151024_142411.jpg
およそ1.5tの石も 真っ二つ。
このあと 来場者も石割の体験をしてもらいます。

20151024_142955.jpg
20151024_143444.jpg
20151024_144230.jpg
20151024_144949.jpg

途中、ストレス発散皿割りコーナーとユンボ体験コーナーも
楽しんでもらいました。
ブロック積みと違い ほぼ永久的に残る石垣は貴重な
財産です。
その工事を行う石工さんも今では貴重な存在となりました。
神社仏閣は必ず石垣です。
今 若い人が 手に職を持つために 石工の弟子になることを
お薦めします。
私もこの会社に戻った頃は、セリ矢を叩き 野面石作りをやったことがあります。
石にも目があり 思ったような方向に割れません。
今回の開催で 初心に戻り 原点から経営資源を見つめ直したいと
思いました。

Comment:0
2015
11.03

西明寺排水工事

Category: 散歩
故郷 飯盛町寺平にある西明寺の裏庭に
山からの水が多いので 裏庭上の里道横の排水路の工事を
壮年会で行った。
イノシシが徘徊して山の表面が固まり、地下浸透せずに
表面排水してることと 木の根奥から湧水が吹き出しているようです。

20151023_142849.jpg
20151023_142856.jpg
20151023_142900.jpg
20151023_142916.jpg

登ってみるともともとの 排水路は埋まり
里道の勾配がお寺の方に傾いていた。

そこで、路肩に杭を打ち 排水溝を掘りながら
道の路肩を嵩上げすることになった。

20151024_171552.jpg
20151024_171557.jpg
20151024_171718.jpg
20151024_171729.jpg
2日間の工事で見事な遊歩道と排水路が完成。
しかし、まだ大きな雨が降ってないので
注意して観察していきたいと思う。

ちなみにこの道は 子供の頃 よく遊んでたところだが
40年ぶりに来てみると まったく違って見える。
それはあたり前だろうけど  年を取りたくないなあと
感じた御縁でした。

Comment:0
2015
11.03

勇気がでる言葉

Category: 一日一言
● 「いかなる教育も、
  逆境から学べるものには適わない」

         ── 鍵山秀三郎(日本を美しくする会相談役)

●花作りも
 人間作りも同じだ
 どんないい種でも
 しっかりと土作りをし
 たっぷりと肥料をやり
 うんと光と水とを与えてやらねば
 いい花は咲かない
 日々の努力
 念々の精進
 その果てに
 見事な花が咲き
 見事な実がなり
 真実な人間ができるわけである


    ◆人生で口ずさみたくなる言葉が見つかる
    『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)


●根無し草に花は咲かない。
 信念がなければ人生に花は咲かない。

            ── 松下幸之助

●「逆境にあってもいまいるところで最大の努力をする。
  そうすると見てくれている人がいて、
  新しいステージに引き上げられる」

         ── 渡邊 剛(心臓外科医)

●あなたなら

 いいこと たのしいことはもちろんだが

 つらいこと 苦しいことをも

 あなたを伸ばし

 あなたを磨くことに生かして

 進んでくれるでしょう


 ◆教育界の至宝・東井義雄いのちの言葉366
 『東井義雄一日一言』(東井義雄・著、米田啓祐、西村徹・編)

Comment:0
back-to-top