2017
11.10

毎日、前に進もう

Category: 一日一言
●自分の私欲に基づく目標ではなく、
どれだけたくさんの人が喜んでくれるかが大事

家族のため、仲間のため、
さらには社会のためといった
パブリックな思いで頑張ると、
すごく大きな力を発揮できますし、
素晴らしい仕事ができるんですね。

篠宮 龍三(プロ・フリーダイバー)


●優れた経営者は「俺の才覚で成功した」などとは
誰も言いません。
「私は運がよかったんです」と謙虚に語る。 

──稲盛和夫(京セラ名誉会長)


●人間は悲しい時に悲しい歌を歌うんだ、
悲しい時に勇ましい歌を歌っても励まされない

──五木寛之(作家)

●「とにかく全力でやること、
 そして人とのご縁を大事にすること、
 それが僕の信条です」


本田 大助(大丸松坂屋百貨店北海道専任バイヤー)


●<《社長は“命を削る”仕事》

社長ほど割の合わない仕事はない。
日々、命を縮めて働かないといけないのが社長です。

でも、ころっと死なない様にしようと思えば、
ええかげんな経営しかできない。

ええかげんに経営して、惨めな人生を送る位なら精一杯やろう。
そんな訳で、やはり結局は命を縮めながら経営しているんです。

稲盛和夫(京セラ会長)、三鬼陽之助(評論家)
「稲盛和夫の新しい価値観の創造」より
/span>
スポンサーサイト
Comment:0
2017
11.10

人生一度きり

Category: 一日一言
● どんな時も全力投球。
 念には念を入れる。
 特に絵は何十年も残っちゃうわけだから、
 手抜きをするのは恐ろしいことだと思います。
 
 安野光雅(国際アンデルセン賞の画家)

● ──『格言聯璧』

一、ぜいたくをして幸福である
  と思うのは誤りである。

二、うまく人をだまして自分は頭がよい
  と思うのはいけない。

三、貪欲の結果、物をあつめて
  自分にそれだけの手腕があると思うのはいけない。

四、小心でちょっとした事にも恐れている者が
  慎重派だと思うのは誤りである。

五、喧嘩ばかりしていながら
  自分には勇気があるなどとうのはいけない。

六、上に立つ者が下の者を叱りつけて、
  いかにも威厳があると思うのは誤りである。

 
 解説・安岡正篤(『先哲講座』より)

●いろいろのことありぬ
 いろいろのめにあいぬ
 これからもまた
 いろいろのことあらん
 いろいろのめにあわん

 されどきょうよりは
 かなしみも/くるしみも
 きよめまろめて
 ころころと/ころがしゆかん
 さらさらと/おとしてゆかん
 いものはの/つゆのごとくに

『坂村真民詩集百選』より


● 人は城 人は石垣 人は堀
 情けは味方 仇(あだ)は敵なり

 ──武田信玄

Comment:0
2017
10.21

走り出せ!止まらずに前へ

Category: 一日一言
●伸びる社員というのは、
 上司の姿勢や、言葉を
 素直に受けて成長していく
 
 吉田博一(エリーパワー社長)


●七字のうた

 よわねをはくな
 くよくよするな
 なきごというな
 うしろをむくな

 ひとつをねがい
 ひとつをしとげ
 はなをさかせよ
 よいみをむすべ
 
 すずめはすずめ
 やなぎはやなぎ
 まつにまつかぜ
 ばらにばらのか 

 
『坂村真民詩百選』より


●人生にはきょうという日しかなくて、
 きょうをどう生きるか、
 楽しく過ごすのか、嫌々過ごすのか、
 その繰り返しで人生は
 つくられていく。

 だから、きょうをいかに丁寧に
 生きるかがとても重要なんです。

 
 横田尚哉
(ファンクショナル・アプローチ研究所社長)

Comment:0
2017
10.21

元気をだして!

Category: 一日一言
●人は誰でも無数の縁の中に
 生きている。 

 無数の縁に育まれ、 人はその人生を
 開花させていく。

 大事なのは、 与えられた縁を
 どう生かすかである

 藤尾秀昭


●どんなに苦しくても、 砂を噛むような思いをして
 立派になって帰ってこい

 塩沼亮潤
(慈眼寺住職)


●人生の目的は、
 幸せになることです。
 幸せは自分の心が決めます。

 本当に大切なこととは
 何かを問いかけ続けてください。

 あなたの前には、
 幸せの扉が開いています。

 鈴木中人


●貴賎貧富にかかわらず、
 他を軽侮する気持ち、
 驕(おご)りが心に起こったら、
 その時が衰退の始まりであり、
 衰退をもたらす諸々の問題は
 ここから起こってくるものだ

 ──「近江商人の家訓」


●成敗得失を考へて居る暇なく、
 猛然としてこれを決行するが勇である

 ──渋沢栄一


●温かい言葉をかけ
 笑顔で接することが
 周囲の心を癒やす

 鈴木秀子(シスター)

Comment:0
2017
09.30

毎日 元気に

Category: 一日一言
●よい本を読め
 よい本を読め
 よい本によって己れを作れ
 心に美しい火を燃やし
 人生は尊かったと
 叫ばしめよ
 世の終わり
 息の極みに

 坂村真民 


●お稽古している時に、
 先生が他の人に向かって
 注意したことを
 自分のこととして聞く人は
 やっぱり伸びていく。
 そこでぼんやりと
 聞いている人は
 伸びていかない

 ──吉田都(バレリーナ)

●努力することの本当の意味は
 人に勝つことではなく、
 天から与えられた能力を
 どこまで発展させられるかにある。

 平澤 興(京都大学元総長)


●人生をひらく4つの資質

 一、非常に明るいこと
 二、ユーモアがある
 三、常に人に何かを
   与えようとしている
 四、被害者意識がない

『小さな修養論3』より


●磨くとは
 二度とない人生を
 どう生きるか
 それをしっかりさせる
 ためであった
 ああ古来の職人たちが
 一番大切にしたのは
 すぐれた砥石であった

 坂村真民(93歳の詩作) 


●物事を悪い方向に
 向かわせるのも、
 よい方向に向かわせるのも、
 すべては自分の心次第

 鈴木秀子
(聖心会シスター)

Comment:0
back-to-top