2018
02.10

新たなる目標

Category: 一日一言
●《社長は“頭”と“手”をうまく使え》

企業がある程度大きくなったら、
絶対にリーダーは参謀の知恵と力を借りねばならない。
これはもう、歴史の鉄則の様に思うわけであります。

     渡部昇一(上智大学名誉教授)


●《社長は「欲求」のエネルギーを満たせ!》

「欲求」という名のエネルギーに満ちている訳だから、
元気な社長の会社は成長するのは、当たり前です。

では、欲求が低下するとどうなるか?
脳は、枯れていくんです。
脳は何歳でも成長できますが、
成長できないと、老化して枯れていきます。

社長は経営しながら、脳の成長もさせなければいけません。

     加藤俊徳(医師・医学博士/脳の学校代表)


●《「小心者」こそリーダーの条件》

豪胆だ、強い、弁が立つ、ワイルドだなどと称される人は、
はっきり言って学ばない人が多い。

真のリーダーは、小心者で、繊細で、臆病で、
経営判断の一つ一つに神経を尖らせている。そんな人です。

     荒川詔四(ブリヂストン 元CEO/社長)


●われわれ人間というものは、
その人の決心しだいで良くもなったり、
ダメになったりするものです。
その人がどこまで決心するか否かということが、
その人の人間としてのネウチを決めるわけです。

      森信三


●夢を持て。希望を持て。
夢を持たぬ人生は、動物的には生きていても
人間的には死んでいる人生。


 平澤興
『平澤興一日一言』より

スポンサーサイト
Comment:0
2018
01.30

人生一度きり

Category: 一日一言
●全力を挙げて取り組み、最後の血の一滴をも
余さず出し尽くすような態度がやがて、
人生への路を拓くこととなる

          森信三

●「おかげさま、おかげさま」
 と心で唱えて生きていけ。

 そうすると必ずみんなが助けてくれる。
「おかげさま」をおまもりにして
 いきていけ
 
   『心に響く小さな5つの物語』より

●人間は忙しくなればなるほど、
逆に書物を読むように努めないと、
そういう人はしだいに世の中から
落伍してゆくということであります。

   森信三

●他の誰かを思う、利他の気持ちを抱いて、
そちらの方向にゴールを設定していくと、
選択肢が広がりますし、
短期間で結果が出やすくなります。

 神田昌典
(経営コンサルタント)

●いまやらなきゃいけないことを
一所懸命やり続けていけば、
明日は変わってくる。
それが変化に対応し、
活力を生み出していく秘訣です

高田明
(ジャパネットたかた創業者)


Comment:0
2018
01.13

聞き上手は話し上手

Category: 一日一言
●経営の神様が大切にしたもの

 君な、婦人団体の会長や副会長が
 言うてると思ったら、
 商売の基本も分かっていないと
 腹が立つわな。でも、違うで。
 あれは神様が、あの人たちの
 口を借りて僕や松下電器に
 注意してくれてはるんや。
 神様が言うてくれはると思ったら、
 腹立てるわけにはいかんわな。
 僕もよう考えてみるわ
 
 松下幸之助

 ───

●いま注目を集める改善士

人生にはきょうという日しかなくて、
きょうをどう生きるか、
楽しく過ごすのか、嫌々過ごすのか、
その繰り返しで人生は
つくられていく。

 横田尚哉
(ファンクショナル・アプローチ研究所社長)


●小山ロール生みの親

「一流に求められる条件」

・唯一無二のオリジナリティーの
 あるものをつくれるか
・仕事の楽しさを後から来る人たちに
 伝えられるか
・自分のクオリティーを高める
 努力ができるか

 小山進
(パティシエ エス コヤマ オーナーシェフ)


●日本を代表するフレンチの鉄人

限られた命の時間を大事にしなさい、
一分一秒も無駄にしてはならない 
 
 坂井宏行(ラ・ロルシュ店主)


●リーダーは目標を明確にして、
それに向けて可能な限り全力疾走していれば、
緊張感があるからそんなに失敗しない

 安藤忠雄(建築家)


●人生を真に充実して生きようとしたら、
結局「今日」の一日を、
いかに充実して生きるかということ、
人間の一生といいましても、
結局は一日一日の積み重ねの他ない

森信三

●気づいたら自分の行いが自然と努力になっている。
それこそが努力の真髄であり、醍醐味である

 幸田露伴『努力論』(夏川賀央・現代語訳)

Comment:0
2018
01.08

一日一言

Category: 一日一言
●若いうちは、素早い「計算力」で先を読む。
経験を重ねてきたら、「大局観」を持って動く。
歳を取った後は、「メンタルの強さ」が大事になる。

世代ごとの強みを活かして「決断」するのが勝負の定石です。

   羽生善治(将棋棋士・永世七冠)


●経営者の仕事とは何か?
「先の見えない時代の舵取りをすること」
この一言に尽きます。

伊藤嘉明(X-TANKコンサルティング 代表取締役社長)


●<踏まれて
踏まれて
大きくなった人間が
将来大物になる

 小嶺忠敏
(国見高校サッカー部元総監督/
 現・長崎総合科学大学附属高校サッカー部総監督)


●「まずは自分の仕事を天職と信じ、
 その仕事の可能性を
 とことん追求する。
 そういう姿勢が成長をもたらす」

 塚越寛(伊那食品工業会長)


●幸福になるか不幸になるか、
自分が伸びるか伸びないかは、
諸君の心一つなんだ。他人じゃないんだ。
生きている自分をどのように大きくとらえ、
いま自分が生きていることに感謝できるかどうか、
これ一つです。

 境野勝悟
『日本のこころの教育』より
/span>
Comment:0
2017
12.29

一日一言集

Category: 一日一言
●できるだけたくさん、
 他人様の世話をやかせていただくことが
 立派なことであり、他人の苦労を
 背負い込むことを喜びとせよ

『新釈古事記伝』より


●「一月一日の言葉」

一、年頭まず自ら意気を新たにすべし
二、年頭古き悔恨を棄つべし
三、年頭決然滞事を一掃すべし
四、年頭新たに一善事を発願すべし
五、年頭新たに一佳書を読み始むべし

──『安岡正篤一日一言』より


●意味もなく群れるだけの付き合いに
時間を消費してはいけない。
自分の可能性を広げていくためにも、
しっかりした志を持った仲間をつくって
切磋琢磨しなくてはいけない

辻口博啓(パティシエ)
『現代人の伝記4』より

Comment:0
back-to-top