FC2ブログ
2019
04.05

人生一度きり

Category: 一日一言
●北尾吉孝
(SBIホールディングス社長)

「わが身に振りかかってくる
一切の出来事は、自分にとっては
絶対必然であると共に、
また実に絶対最善である」


●松井秀文
(アフラック元会長)

「いやしくも人間と生まれて、
多少とも生き甲斐のあるような
人生を送るには、
自分が天から受けた力の
一切を出し尽くして、
たとえささやかなりとも、
国家社会のために貢献する
ところがなくてはならぬ」

●小宮一慶
(小宮コンサルタンツ社長)

「人生は、ただ1回の
マラソン競走みたいなものです。
勝敗の決は一生にただ1回
人生の終わりにあるだけです。
しかしマラソン競走と考えている間は、
まだ心にゆるみが出ます。
人生が、50メートルの短距離競走
だと分かってくると、
人間も凄味が加わってくるんです」



スポンサーサイト



Comment:0
2019
04.05

常に精進

Category: 一日一言
●「喝」

教えを学んでも、頭で思慮分別するあまり、
本質を見失ってしまうことがある。

考えることは大切ではあるが、
考えてばかりいては何もならない。
実践が大事である。

それには自ら決断を下すことが必要である。

決断を下すには、初心に違うことはないか、
道理に背くことはないか、動機は善であるか、
よく考えて喝一喝して決断することだ。


  横田南嶺老師

●士は過(あやま)ちなきを貴(たっと)しとせず、

過ちを改むるを貴しと為(な)す。


【訳】

立派なこころある人は
過ちがないということを重んじるのではない。

過ちを改めることを重んじるのである。



吉田松陰


●「一銭にもならないことを
 どれだけできるか、するか」
が自分で自分を好きになるポイント。

馬鹿なこと、一銭にもならないこと、
誰からも評価されないことを
一生懸命やってみてください。

そういう馬鹿なことをしている自分が、
いつのまにかとてもかわいらしく
いとおしく、思えてきます。

「自分で自分を好き」になってきます。

「馬鹿な奴だ」と思いながら、
でも自分の心に温かいもおのを
感じるはず。


小林正観


●「足下を掘れ、そこに泉あり」
という言葉がありますが、
皆、自分の足元を掘っていったら
必ず泉が湧いてくることを
忘れているんです。

あっちに行ったら水が出ないか、
こっちに行ったら水が出ないか、
向こうに行ったら井戸がないか
と思っているけれど、
実は自分の足元なんです。

与えられた仕事をコツコツと
地道にやり続けた先に、
自分にしか到達できない泉がある。


  ──宮本輝(作家)


Comment:0
2019
01.26

笑顔で明るく元気よく!!

Category: 一日一言
●溌溂颯爽──。

  いつも気持ちをさわやかにしておく。
  いつも、さっそうとした気分でいる。

  溌溂颯爽こそ、心の雑草を取り、
  心の花を咲かせるために、
  欠かせない必須の条件である。


  ※『日めくり 小さな人生論カレンダー』より


●「自分の目で見て自分の口より発し、
 自分の耳で聞く素読は、
 自分の皮膚からも吸収して止まず、
 それを続けていると
 自然と風韻を発するような人格になれる」

         ──伊與田覺

●《社長、No.2を兼務し体得した、伸びる企業の鉄則》

会社の命運を決めるのは、トップの役割。
会社の成長を決めるのは、No.2の役割。

山下誠司(アースホールディングス 取締役)


●「毎日20km走れば絶対痩せる!」
でもそれは誰もができるわけではありません。

正しい戦略であったとしても、
本当に自社で実行できるか?現場に合ったものか?
という「適社性」が大事だと気がついたのです。

迫 俊亮(ミニット・アジア・パシフィック 代表取締役社長CEO)

Comment:0
2018
12.25

変わらない情熱

Category: 一日一言
●「どんな仕事でも、いのちを込めて打ち込めば、
 天は無限の宝を与えてくれる」

 ──藤尾秀昭


●「一人の人間の死後に残り、
 思い出となるのは、
 地位でも財産でも名誉でもない。

 その人の心・精神・言動である」

 ──安岡正篤


●進むべき
道は一筋
世之ために
いそぐべがらず誤魔化すべからず

平澤 興


●誠実さが陣取っているのは
秘められた胸の内。

そこがしっかりしている人は、
どこへ行っても強い。

 ──西郷隆盛

Comment:0
2018
12.06

人生一度きり

Category: 一日一言
●まず、約束したことを必ず守るということは
基本だと思います。

そのように仕事に取り組んでいれば、
自分から提案したことに挑戦できる
チャンスというのは必ず来ます。

そして、それを必ずやり遂げること。
自分で提案したことくらいは、
100%できないと信頼を得ることはできないと思います。

 ──稲盛和夫氏から最も信頼される男
   日本航空元会長補佐・大田嘉仁


●私は一所懸命やらなかったことを
失敗だと思っているので、
やってダメだったことは失敗じゃないんです。
やっぱりプロセスが大事。

結果はうまくいくこともあるし、
うまくいかないこともある。

そこで工夫改善を繰り返していけば、
いつの間にかうまくいくことが
重なってくると思います。

 ──ジャパネットたかた創業者・高田明


●今日よりは親なき子らの親となり
厳しき冬を守りこすべし

 ──坂村真民氏が尊敬し、師事した禅僧
   河野宗寛


●仕事が多い、忙しいという言葉を
口に出すことを恥ずべきである。
たとえ忙しくとも忙しいと言わない方が良い。
随分、手をすかせたりして、心の余裕がなければ、
大事な事に気付かず、手抜かりが出るものである。


『佐藤一斎「重職心得箇条」を読む』
(安岡正篤・著)より


Comment:0
back-to-top