2017
05.27

常に前向きに

Category: 一日一言
●家の経済を左右する
大きな田んぼと、
捨て置いても問題ないような
子供でも耕せる小さな田んぼ。

あなたがこれら二つの
田んぼを持っていたら
どちらから耕すだろう。

この場合、絶対に
小さな田んぼから
耕さなければならない。

大きな田んぼを耕している間に、
小さな田んぼもまた
手の施しようがないほど
荒れてしまい、ついには
どちらの田の実りも
失うかもしれないからである。

いつでも、やりやすい
小さな実践をおろそかにせず
大切にすることから始めなさい。

 ──二宮金次郎


●「六魚庵箴言」

 その一

 狭くともいい 一すじであれ
 どこまでも 掘りさげてゆけ
 いつも澄んで 天の一角を
 見つめろ


 その二

 貧しくとも 心はつねに高貴であれ
 一輪の花にも 季節の心を知り
 一片の雲にも 無辺の詩を抱き
 一碗の米にも 労苦の恩を感じよう


 その三

 いじけるな
 あるがままに おのれの道を
 素直に 一途に 歩け


 ──坂村真民


●<一歩一歩上がれば
何でもないぞ。

一歩一歩努力すれば、
いつの間にか高いところでも
上がっている。


 ──鈴木大拙
 (禅の文化を西洋に伝えた仏教学者)
/span>
スポンサーサイト
Comment:0
2017
05.27

越えられない試練は与えられない

Category: 一日一言
●「荷物が重いのではない、
 自分の力が足りないのだ」

 ──歌手・加山雄三が
   逆境の中で支えとした祖母の言葉


●誰かのお役にたてれば
という思いで
具体的に一歩動くと、
人間は変わる

 ──横田南嶺(鎌倉円覚寺管長)


●皆さん方の一人びとりは、
まことにかけがえのない
大事な生命であり、
二度とない人生を
生きておられるわけであります。

そしてお互いに
やり直しのきかない
一日一日を生きている
わけであります。

それにしても長い人生のうちには、
山あり谷ありで、決して
得意満帆の時ばかりではなくて、
失望落胆、自信喪失の時も
ありましょうが、
しかしそうした時こそ
腰骨を立て直し、
日常生活を引きしめる
決意を要する、人生の大事な
岐れ路(わかれみち)
なのであります。


◆10代の学びが人生の土台をつくる
 親子で読みたい1冊
『10代のための人間学』
(森信三・著)より


●凡と非凡のわかれる所は
能力の如何ではない。

精神であり感激の問題だ。

 ──安岡正篤(東洋思想家)

Comment:0
2017
05.27

一日一言

Category: 一日一言
●偉くなることは、必ずしも
富士山のように仰がれるように
なるためではない。

なるほど富士山は立派だけれども、
それよりも何よりも
立派なものは大地である。

この大地は万山を載せて
一向に重しとしない。

限りなき谷やら川やらを載せて
敢えていとわない。

常に平々坦々としておる。

この大地こそ本当の徳である。

われわれもこの大地のような徳を
持たなければならぬ、
大地のような人間に
ならなければならぬ。


 ──安岡正篤(東洋思想家)


●若いときに時間を惜しんで
工夫をして学ぶ。

それが身についている人は、
生涯にわたってどれだけ時間を
節約できるでしょうか。

同じだけの時間の長さを生きていても、
節約の心がけのある人とない人とでは
おのずと到達点が違ってくるはずです。

工夫をして創出した時間を
有効活用することによって
後悔の少ない人生を送れる可能性は
より高まるはずです。

『渡部昇一 一日一言』(渡部昇一・著)より

●問題が訪れた時、
それをどう受け止めるか、
どう動くかが大切。

起こる問題に感謝して
解決の努力をすれば、
絶対に超えていける。

幸せになるために問題が起こる、
その考え方、その行動、
その仕事の仕方、
その経営の仕方が間違っているよ、
と問題を通じて
教えていただいている。


 ──酒井宏明
  (靴商店インターナショナル社長)

Comment:0
2017
04.15

一日一言

Category: 一日一言
●すべて人間というものは、
目下のものの欠点や足りなさ
というものについては、
これを咎めるに先立って、
果たしてよく教えてあるか
どうか否かを
顧みてみなくてはならぬのです。

したがって目下の者の罪を
咎め得るのは、教え教えて、
なおかつ相手がどうしても
それを守らなかった場合のことです。


 ──森 信三(国民教育の師父)


●疲れたり、傷ついたりしたら、

「丁寧に生きれば、
 きっとどこかにつながる。

 心を込めた仕事をすれば
 きっと結果がでる」

と呪文のように
心でつぶやくんです。

 ──佐々木志穂美
  (脳障害と自閉症の3人の子の母)


●「リーダーは
 願望ではなく決意しろ」


「こうする」と腹を決めて
決意した時、世の中のものの見方、
情報のキャッチの仕方、
すべてが違ってくる。

 ──和地孝(テルモ会長)

Comment:0
2017
04.11

新年度 新たな気持ちで

Category: 一日一言
●努力することの本当の意味は
人に勝つということではなく、
天から与えられた能力を
どこまで発揮させるかにある。

  ──京都大学元総長・平澤興


●欲でなしたことは
必ず挫折する。

志を立ててなしたことは
継続と終わりのない繁栄をみる。

──多くの経営者が信奉する阿蘇の覚者
  北川八郎


●一、人の非を正さず、
  自分の非を見るべき事

 同(おなじく)云わく、
 その身正しければ
 令せずして行わる。


【訳】

他者の間違いを正さず、
自分の間違いを見るべきこと

古人がいっている。

「自分の心が正しければ、
 命令をしなくとも
(物事は)きちんと行われる」と。


──吉田松陰が師と仰いだ幕末の志士
  山鹿素行


●平素からこれでいいのか、
問題点はないか、
課題は何なのか、と考え続ける。

だからこそ、いざ事が起こった時に
適切な対応ができるのだと思います。

常に考え続けているから、
いざという時に直感でもって
「俺はこう行く」
と決断できるんです。

そういう決断のできるリーダーが、
組織に繁栄をもたらすのだと
思いますね。

 ──J.フロントリテイリング社長
  (大丸松坂屋経営)
   山本良一

Comment:0
back-to-top