2018
02.10

西明寺 壮年会

Category: 散歩
近所の お寺さん  西明寺 の壮年会
新年を迎え 交流のための新年会に参加

40歳代から80歳代までの門徒の組織であるが
これが楽しい。

29368.jpg

年間いろんな活動をやって活躍されてる団体です。
浄土真宗本願寺派で長崎でも大きな団体組織です。

私は50代なんで 下っ端ですが
紳士の皆さんから可愛がっていただきます。

29367.jpg
29365.jpg

西明寺 19代 住職と 20代 住職予定者のデュエット
20代も 大きく育ってるようです。頼もしい。

2次会は、近所の スナック 健一へ 
健一マスターが 必死に誘っていただいたのでお邪魔しました。

29369.jpg
29370.jpg
29371.jpg

一次会のカラオケと違い  本で探して CD盤を挿入して曲番号を押す

という  懐かしいカラオケセットと つまみと飲み物は持ち込み専門のスナック健一。

歌詞と映像がモニターに映し出される。
健一 ママが お薦めの ムード歌謡を歌うと ヌード映像が出てくる。

しかし、使用回数が多いためか CDに傷が入り 映像がきたない。

カラオケセットの操作に慣れてきたところでお開き。

二度と行かないと思う スナック健一でした。 

スポンサーサイト
Comment:0
2018
02.10

新たなる目標

Category: 一日一言
●《社長は“頭”と“手”をうまく使え》

企業がある程度大きくなったら、
絶対にリーダーは参謀の知恵と力を借りねばならない。
これはもう、歴史の鉄則の様に思うわけであります。

     渡部昇一(上智大学名誉教授)


●《社長は「欲求」のエネルギーを満たせ!》

「欲求」という名のエネルギーに満ちている訳だから、
元気な社長の会社は成長するのは、当たり前です。

では、欲求が低下するとどうなるか?
脳は、枯れていくんです。
脳は何歳でも成長できますが、
成長できないと、老化して枯れていきます。

社長は経営しながら、脳の成長もさせなければいけません。

     加藤俊徳(医師・医学博士/脳の学校代表)


●《「小心者」こそリーダーの条件》

豪胆だ、強い、弁が立つ、ワイルドだなどと称される人は、
はっきり言って学ばない人が多い。

真のリーダーは、小心者で、繊細で、臆病で、
経営判断の一つ一つに神経を尖らせている。そんな人です。

     荒川詔四(ブリヂストン 元CEO/社長)


●われわれ人間というものは、
その人の決心しだいで良くもなったり、
ダメになったりするものです。
その人がどこまで決心するか否かということが、
その人の人間としてのネウチを決めるわけです。

      森信三


●夢を持て。希望を持て。
夢を持たぬ人生は、動物的には生きていても
人間的には死んでいる人生。


 平澤興
『平澤興一日一言』より

Comment:0
2018
02.10

もう2月

Category: 散歩
もう2月10日である。
1日が かなり早く感じる年齢になってしまった。
それだけ やることが多くなったのだろうが
一生のうちで やれることは ほんのわずか。

長生きして いろんな体験や勉強を続けたいとは思うが
それでも 限界があり やはり的を絞って集中したほうが得策かな。

昨夜の酒宴で、私のブログ(石屋の寝言)を見てるよ と
二人に言われ 多少 飲み過ぎてボーッとしてるなかの
変な投稿になってるが ご勘弁を。

もう2月であるが 今年 最初に読んだ本がこれ

28451.jpg

まだ 読んでなかったのか と言われそうだが

九州の小藩からわずか17歳で名門 上杉家へ養子に入り米沢藩主となった
治憲(はるのり)(後の鷹山)  厳しく破滅の危機にあった藩政を立て直すべく
改革に乗り出す。
実践能力と人を思いやる心で家臣や領民の信頼を集めていった経世家。
倹約とリーダーシップの熱い男のお話である。
社員教育に使わせていただきます。

小説と言えば  昔 読んだ超大作 山岡荘八著 徳川家康 前26巻

29954.jpg

これは読み応えがあり 2年がかりで読んだが
先輩社長から 何かが変わる本 だと進められた。
家康が生まれる前からの話で始まるが
すばらしい本です。一回りも二回りも大きくなりました。

えっ! 体型かい!!

Comment:0
2018
01.30

人生一度きり

Category: 一日一言
●全力を挙げて取り組み、最後の血の一滴をも
余さず出し尽くすような態度がやがて、
人生への路を拓くこととなる

          森信三

●「おかげさま、おかげさま」
 と心で唱えて生きていけ。

 そうすると必ずみんなが助けてくれる。
「おかげさま」をおまもりにして
 いきていけ
 
   『心に響く小さな5つの物語』より

●人間は忙しくなればなるほど、
逆に書物を読むように努めないと、
そういう人はしだいに世の中から
落伍してゆくということであります。

   森信三

●他の誰かを思う、利他の気持ちを抱いて、
そちらの方向にゴールを設定していくと、
選択肢が広がりますし、
短期間で結果が出やすくなります。

 神田昌典
(経営コンサルタント)

●いまやらなきゃいけないことを
一所懸命やり続けていけば、
明日は変わってくる。
それが変化に対応し、
活力を生み出していく秘訣です

高田明
(ジャパネットたかた創業者)


Comment:0
2018
01.13

扇 精光

Category: 散歩
私は、昭和56年から6年間 扇 精光(株)にお世話になりました。
測量部の一員として 県内各地を廻り 道路計画の測量、ダムの測量、高速道路の測量、
港湾の測量などいろんな現場に携わらせていただきました。

生月大橋、神浦ダム、長崎自動車道(大村)、五島や壱岐にも出張して
民宿に泊まり、おいしいものをいただいていました。

昭和57年の長崎大水害も翌日から34号線の測量をしました。
数ある現場から代表となると 国土地理院発注の徳之島基準点測量でした。
あの奄美諸島の徳之島に約3ヶ月。
国土調査の基本となる三角点の設置のため張り切っていきましたが
そこには、ハブが生息していたのでした。

山の頂上と頂上を結び基準網を作るので 調査や大理石の標柱・盤石の設置・観測で
2時間かけて登る山がいくつもありました。
そこは、ジャングル 大きな緑色のトカゲが木にいる。
アオダイショウは、10mに一匹いる。
まるでパスタのように棒でくるくるっと回して放り投げる。
ハブ以外でも猛毒をもったきれいなヘビもいた。・・・・・。

そのころの扇 精光のメンバーと先日お会いした。

28438.jpg
28439.jpg
28440.jpg

いつ会っても あの頃の 気持ちで話ができるのがうれしい。
先輩を敬い、後輩をかわいがる。
殆どが 諫早農高 土木科 出身である。

独立した人、扇 精光グループの役員・幹部社員と
楽しい夜を過ごさせていただきました。

昨年 扇 会長が他界されましたが たいへんお世話になりました。
池田久美子社長率いる 扇 精光グループに恩返しはなかなかできませんが
ご縁で繋がっていきたいと思います。

Comment:0
back-to-top