FC2ブログ
2019
05.11

ヘッドアップ会

Category: 散歩
長崎県中小企業家同友会 諫早支部の
ゴルフコンペ会 ヘッドアップ会に参加。

52506.jpg
52507.jpg
52508.jpg

和気藹々の楽しいスタート。
お互い やじり合いながら面白くラウンドさせていただきました。
80代のベスグロもいらっしゃいましたが、私は97、いつもこんなもんです。

昔は飛距離にこだわってましたがOBが多くてスコアが安定してませんでした。
そこで3年前くらいから方向性を重視してこぢんまりと打ってました。が
飛ばないので面白くない。
結局は、昨年より出来るだけ体をねじり 力を抜いて
テンポ良く振ると飛距離も出て少しまとまってきてるようです。

終了後の懇親会
52510.jpg
52509.jpg

皆さん 元気バリバリのメンバー
飲むときも豪快です。

やさしい楽しいメンバーばかりなので是非 
例会にもゲストとしてご参加ください。

スポンサーサイト
Comment:0
2019
05.11

九州砕石研究会

Category: 散歩
先日、九州砕石研究会を開催。

この会のメンバーは、
この研究会の前身であるマーケット&マネージメント研究会(M.M研究会)
からの仲間である。

あの有名なM・M研究会の会長でありました大坪会長から
次の会長を誰も引き継ぐことができず、会名を替えて存続させました。

大坪名誉会長及び才田砕石工業 才田社長(砕石九州地方本部長)を相談役として
九州砕石研究会が発足いたしました。
初代会長に大山正嗣氏(才田砕石工業)
2代目会長に江藤社長((株)朝倉)
3代目会長に私が就任しておりましたが 先日
4代目会長 加藤社長(加藤産業)に引き継ぎしていただきました。

52500.jpg
52498.jpg
52499.jpg

今回は、過去最多の総勢約70名での開催。
新しい会員が増えて益々 加藤会長の舵取りで繁栄していくことでしょう。

会長職になると研究会の題材をどうするか?と悩むのですが
常にアンテナを張っているので自然とその姿勢が身につき
また、立場上 いろんな人との出会いご縁があり会長職の
面白みがわかってきました。

この研究会のメンバーは最高の仲間であり、と同時に師であります。
常に学ぶことを忘れずに、今後も若い人に負けないように活動していきます。

B会員の皆様ありがとうございました。
受付等お手伝いいただいた九州キャタピラーの皆様ありがとうございました。
そして、事務局の金子様 ありがとうございました。



Comment:0
2019
04.05

人生一度きり

Category: 一日一言
●北尾吉孝
(SBIホールディングス社長)

「わが身に振りかかってくる
一切の出来事は、自分にとっては
絶対必然であると共に、
また実に絶対最善である」


●松井秀文
(アフラック元会長)

「いやしくも人間と生まれて、
多少とも生き甲斐のあるような
人生を送るには、
自分が天から受けた力の
一切を出し尽くして、
たとえささやかなりとも、
国家社会のために貢献する
ところがなくてはならぬ」

●小宮一慶
(小宮コンサルタンツ社長)

「人生は、ただ1回の
マラソン競走みたいなものです。
勝敗の決は一生にただ1回
人生の終わりにあるだけです。
しかしマラソン競走と考えている間は、
まだ心にゆるみが出ます。
人生が、50メートルの短距離競走
だと分かってくると、
人間も凄味が加わってくるんです」



Comment:0
2019
04.05

常に精進

Category: 一日一言
●「喝」

教えを学んでも、頭で思慮分別するあまり、
本質を見失ってしまうことがある。

考えることは大切ではあるが、
考えてばかりいては何もならない。
実践が大事である。

それには自ら決断を下すことが必要である。

決断を下すには、初心に違うことはないか、
道理に背くことはないか、動機は善であるか、
よく考えて喝一喝して決断することだ。


  横田南嶺老師

●士は過(あやま)ちなきを貴(たっと)しとせず、

過ちを改むるを貴しと為(な)す。


【訳】

立派なこころある人は
過ちがないということを重んじるのではない。

過ちを改めることを重んじるのである。



吉田松陰


●「一銭にもならないことを
 どれだけできるか、するか」
が自分で自分を好きになるポイント。

馬鹿なこと、一銭にもならないこと、
誰からも評価されないことを
一生懸命やってみてください。

そういう馬鹿なことをしている自分が、
いつのまにかとてもかわいらしく
いとおしく、思えてきます。

「自分で自分を好き」になってきます。

「馬鹿な奴だ」と思いながら、
でも自分の心に温かいもおのを
感じるはず。


小林正観


●「足下を掘れ、そこに泉あり」
という言葉がありますが、
皆、自分の足元を掘っていったら
必ず泉が湧いてくることを
忘れているんです。

あっちに行ったら水が出ないか、
こっちに行ったら水が出ないか、
向こうに行ったら井戸がないか
と思っているけれど、
実は自分の足元なんです。

与えられた仕事をコツコツと
地道にやり続けた先に、
自分にしか到達できない泉がある。


  ──宮本輝(作家)


Comment:0
2019
04.01

更なる情報収集

Category: 散歩
展示会にいってきました。

50401.jpg
50402.jpg
50403.jpg
50404.jpg


写真はありませんが 3月開催の環境展にも行きましたが
中国の廃プラの関係や太陽光リサイクル、バイオマスなどなど
おもしろい動きがあってるようです。

我社も 更に進化していかなければ 時代に取り残されてしまいます。

Comment:0
back-to-top